在留届とは?海外在住者なら知っておきたい届け出義務

黒板に白い文字で、海外長期滞在?在留届出してますか? AUSTRALIA

あなたは日本国外にお住まいでしょうか?

あるいは、その予定がありますか?

ワーホリ、留学などで海外滞在しているお友達やご家族はいますか?

長期海外在住者の特権であるジャパン・レール・パスの購入にも関わる大事な届け出デス。

海外で3ヶ月以上暮らしている、または今後その予定で、在留届についてご存知でない方、は是非この記事を読んでください。

提出の義務は、オーストラリアだけでなく、アメリカでも、カナダでもタイでもマレーシアであっても、日本国籍を持つ全ての海外在住日本人が対象です。

「在留届とは」から「在留届のオススメの提出法」「帰国届」までを丁寧に解説しています。

在留届とは

在留届とは、旅券法第16条によって定められているもので、

外国に3ヶ月以上滞在する日本人は、管轄の大使館や総領事館へ提出が義務付けられています。

届け出をしていないと、テロなど事件事故や災害の緊急事態発生時に、、、

重要な情報が受け取れない

・巻き込まれた時の安否確認や支援の遅れ

・日本の家族への連絡の遅れ

・日本の家族からの安否の問い合わせに時間がかかる

という可能性が大いにあるということですね。

あなたが、ワーホリでも、留学生でも、海外赴任でも、その国に3ヶ月以上滞在するのならば、必ず出しておかなければならない、きわめて大切な届け出です。

保持しているビザの種類は関係ありません。=永住ビザも含まれます

また、在留届はこんなことにも利用されています。

・在留邦人が、大使館・総領事館において在外選挙人名簿登録申請などの領事サービスを受ける場合

・海外在留邦人に関する各種統計。政府が海外在留邦人の教育・医療等の長期的な施策を検討する際の基礎資料

届け出を提出するタイミングは?

実際に日本出国後、滞在国に到着し、3ヶ月以上滞在する住所が決まってから提出しましょう。

届け出には、滞在国に到着した日を記入しますが、ここに未来の日付を入れることはできません。

つまり、確実に滞在する住所が決まっていても、日本を出国して、現地へ到着してからの提出となります。

提出を後回しにしない方がいい、もう一つの理由!

この在留届、海外に既に在住されていてまだ届け出ていないとしたら、今すぐ提出することをおすすめします。

その理由は、ジャパン・レール・パスです!

ジャパン・レール・パスとは、JRグループが販売しているお得なレールパスです。

このお得パスは誰でも購入できるという訳ではないんですね~。

条件は、、、

「外国からの観光目的の外国人旅行者」

か、

海外在住で日本国籍とパスポートを所持する、在住期間が連続して10年以上の永住者

です。

この、在住期間10年以上を証明する書類として「在留届の写し」が必要になります。

残念ながら、パスポートはこのレールパスを購入するための証明に使用することはできません。(アメリカ、ブラジル、カナダは永住カード利用可)

せっかく10年以上海外在住していたとしても、この在留届を提出していなかったら、あなたが10年以上在留していることを証明する書類がないのですから、この特権は使えない、ということに。。。(涙

今は、ワーホリや留学で数年の滞在後に、帰国予定というあなたも、人生どうなるか分からないですからね!そのつもりはなかったのに、気づいたら永住権ゲット、10年以上滞在なんて人、意外といるものです。

在留届のオススメの出し方

提出の方法は2種類あります。

・オンライン

・オフライン

外務省 オンライン在留届 ORR(Overseas Residential Registration)net 在留届を提出する 在留届の提出は、外国に住所又は居所を定めて3ヶ月以上滞在する方が対象です。*旅券法第16条により、その地域を管轄する日本大使館または総領事館に速やかに在留届を提出することが義務つけられています。

(↑外務省のwebsiteより画像を加工して使用しています)

以下の3つの理由でオンラインでの提出をオススメします!

①届けを提出するのはあなたがお住いの管轄の大使館や領事館のみ受付となっています。

オンラインで提出する場合は、あなたがお住いの地域がどこの大使館や領事館の管轄なのかが入力した住所によって自動で振り分けられるので、調べる手間がありません。

オフラインですと、遠隔地や境が微妙な地域に住んでいる場合は特にきちんと調べる必要があり手間ですね。

②オフラインで郵送を選んだ時に、タイムラグがある。

オーストラリアの郵便は日本の郵便と違い、速やかに運ばれないことが多々あります

③在留届は、あなたが該当国を出国して日本へ永久帰国する際に、「帰国届け」を提出する必要がありますが、その方法は『提出した時と同じ方法で行う』となっています。

オンラインで提出したなら、帰国届もオンラインでということですね。

オンラインなら、出国する慌ただしい時にわざわざ大使館や領事館へ出向いたり、書類に記入して郵送などをする手間がないですね。

また、万が一、届けを忘れて帰国してしまっても、オンラインならサクッと提出できます。

オフラインで「在留届」を提出された場合は、オンラインや電子メールで「帰国届け」を提出することはできません。

あなたがもし既に、オフラインで「在留届」を提出していたとしても、オンラインで新規に提出し直せば、帰国時の「帰国届け」は簡単便利なオンラインでできます

オンラインでの在留届の出し方

外務省のオンライン在留届(ORRネット)のサイトページから、登録、届け出ができます。

登録の際には、以下のものを準備しましょう

・パスポート

・本籍地

・自宅など連絡先(eメールアドレス:緊急速報もメール配信されます)

・緊急連絡先

・日本国内連絡先

・同居家族連絡先

また、一度登録すれば、オンラインで変更届や帰国届けの提出が可能です。

届け出た個人情報は、厳重に管理され公表されることはありません。

用語:
ORR net:Overseas Residential Registration net : 在留届電子届出システムのこと

外務省のオンライン在留届ページ⤵︎

在留届 - インターネットによるオンライン在留届

オフラインでの在留届の出し方

手順:届け出用紙を入手▶︎両面に必要事項を記入▶︎記入した用紙を提出

まず、在留届の用紙を以下のいずれかの方法で入手しましょう。

・各国の在外公館に赴いて窓口にて。

・在外公館では、遠隔地にお住いの方向けに用紙を郵送してくれるそうです。返信用封筒に切手を貼って申し込みましょう。

・FAX機能付き電話から外務省情報サービス(東京03-5501-8490)にかけ、音声ガイダンスに従って資料番号411100#を指定し、FAXにて受信する。

・外務省のwebsiteから、

海外渡航・滞在▶︎届出・証明 ▶︎「在留届」をご存知ですか?

のページの中ほどに在留届の用紙をPDFファイル形式でダウンロードできるリンクがあります。(ここではあえてリンクを貼りませんので、ご自身でご確認ください)

用紙を入手したら、両面に必要事項を記入します。

提出は、あなたがお住いの管轄の大使館や領事館へ、直接出向いて窓口に提出するか、FAXまたは郵送しましょう。

提出事項に変更があったら「変更届」を出しましょう

届け出た内容、電話番号、結婚などで姓が変わったら変更届を出します。

例えば、引っ越先の地域が同じ大使館や領事館の管轄内だとしても、住所が変更になった場合はその届け出が必要です。

いざという時に、きちんと連絡が取れるよう、あなたの現在の状況を届け出ておく必要があると考えましょう。

滞在を終え出国する前に「帰国届」を出しましょう

この帰国届がされてないと、万が一の緊急事態の際に、大使館や領事館は既に帰国しているあなたの安否確認に時間を取られ、まだ滞在している方への安否確認が遅れる可能性もあります。

ちなみに、外務省のwebsiteによると、

平成26年4月1日以降、以下の方については、当該在外公館の管轄地域から転出したものとして扱う。

・「滞在期間」欄記載の滞在終了予定日を経過した後、特段の連絡がなく、さらにその後1年間、当該の在外公館において在留が確認できない方。

・「滞在期間」欄記載の滞在終了予定日が到来してない方のうち、一年以上の期間にわたり、当該の在外公館より連絡がつかない方。出典:外務省ORRネット

とあります。帰国届を出さなくても一定期間が過ぎたら自動的にシステム上、在留していない状態になるということですね。

これは良くも悪くも取れるのですが、

もし本当に帰国していて、単に届け出を忘れていた、あるいは怠っていたとなると、前述の理由で他の方や確認作業をする方達に迷惑がかかります。

あるいは、実際はまだ滞在しているのに、連絡がつかない状態(変更届をしてないなど)だと、緊急事態時、システム上で当該国に存在していないとなっているので、安否の確認がされず、救援も受けられないようでは困りますね。

ということで、在留届を出した国を出国する際には、必ず「帰国届」を提出しましょう!

提出方法は、「在留届」を提出した方法と同じ方法(オンラインかオフライン)でOKです。

今まで滞在していた国を出て、日本へ帰国することなく、違う国へ滞在される方も、まず「帰国届」を提出してから、次の国の滞在先の管轄の大使館や領事館に「在留届」を出しましょう

まとめ

いかがでしたか?

パスポートやビザと違って、在留届って意外とスルーされているんですよね。

もし初めて知ったというあなた、またはあなたのお友達はまだ届け出をしてないかも。。。既に海外在住のご家族がいるというあなたも、在留届を出しているか本人に連絡を取って確認してみましょう。万が一の時に、安否確認が取れない、では困りますからね。

かなり大事なそして、届け出は義務です。
今すぐオンラインでサクッと提出しておきましょう。

海外在住歴が長くても短くても3ヶ月以上滞在する場合は、届け出をお忘れずに!

必ずご自身で外務省のwebsiteの内容をご確認の上、不明な点は管轄の大使館や領事館にお問い合わせください

あなたは日本国外にお住まいでしょうか?

あるいは、その予定がありますか?

どこの国ですか?コメント欄にて教えてください。Let’s Output NOW!!

コメントはこちら👇Let's Output NOW!!