カンガルー肉。オーストラリアのスーパーで買えます!ペットフードにも!

写真。赤身の肉パッケージ。カンガルーの顔のイラスト。写真の下側に文字、オーストラリアのスーパーで売られているカンガルー肉AUSTRALIA

日本や他の国のスーパーでは、一般的でない食用肉のひとつ、kangaroo meatカンガルー肉。

ここオーストラリアでのカンガルー肉の肉売り場のシェアは、beef ビーフ、pork ポーク、lamb ラム肉、chicken 鶏肉などと比べるとかなり低い割合ですが、一定層の“ファン”は存在しているようです。

そして、犬猫用のエサとしても販売されています。

この記事では、kangaroo meatカンガルー肉がオーストラリアのスーパーでどのように売られているのか、実際のスーパーマーケットの販売コーナーの写真とともに紹介していきます。

食レポはありません(汗

カンガルー肉は栄養面でびっくりするほど優秀なお肉だった

前置きとして、わたしはカンガルー肉を日常的に食してはいません(汗

しかーし!

カンガルー肉は、低脂肪、高タンパクのうえ、低コレステロール!

しかも、飼育肉ではなく野生肉ですから、オーガニックってことです!

天然モノです。

カンガルーミートはこんな人におすすめ!

よく聞くのは、athleteアスリートや、筋肉増強したい人には特に人気だということです。

その理由は、上にあげた3つの栄養面での特徴である低脂肪、高タンパク、低コレステロール以外にも、「筋肉増強と脂肪燃焼の効果が期待されると言われている、共役リノール酸の値が一般の他の肉よりずっと高い」からです。

マッチョな体を目指す人、muscle筋肉を育てたい人には放ってはおけない食材ってことでしょう。

この共役リノール酸の他の注目したい効果として

・アレルギー予防効果

・抗酸化作用

もあるそうで、これは美容と健康にも最適なお肉じゃないですか?!

それに加えて、chickenと違って、赤身のお肉なので「肉を喰らってる感」が大きいようです。

確かに。オーストラリアの店頭に並んでいるbeefは、脂身が目立ちますからね。。。

過剰摂取にご注意!その量はどのくらい?

とは言うものの、なんでも食べ過ぎはいけません。

カンガルー肉には、全ての赤身の肉には含まれる成分、L-carnitine が一番多く含まれていて、心臓発作などの心臓疾患につながるとされています。

オーストラリアの食事規定ガイドラインでは、赤肉は週に445g以下の摂取が推奨されています。

カンガルー肉、売られている種類や価格は?

日本では、なかなかお目にかかれないそのカンガルー肉、どのように売られていると思いますか?

以下は実際に大手スーパーに覆面取材(!?)に行って来たので、写真と共に紹介します。

売られている部位は?

mince ミンス ひき肉ですね。ビーニールパックで売られていました。

写真。カンガルー肉のひき肉。ビニールパッケージに赤身のひき肉。パッケージにショートパスタボロネーゼ。

fillet フィレとsteak ステーキ。パッケージには美味しそうに調理された写真が使われています。

写真。赤身のカンガルーフィレパッケージとカンガルーステーキパッケージ。それぞれのパッケージには調理例の写真。

あとは、味付け肉としてherb&garlic ハーブ&ガーリック。。。

写真。赤身のカンガルー肉のハーブとガーリックマリネ肉のパッケージ。パッケージには調理例の写真。

この組み合わせは、いかにも“肉の臭みがある肉ですよー”と宣伝しているような気もしますが(汗

他にも、ソーセージやハンバーグパテなんかも存在します。

こうしてみると、beef,chickenやlambのように骨つき肉は売られていないですね。

オーストラリアの肉売り場には、beefだとT-bone steak Tボーンステーキや、ribリブ肉がふつーにあります。その代わり薄切り肉は売られていません。
それに、filletひとつとっても、scotch filletスコッチフィレや、eye filletアイフィレなど売られている部位の種類が豊富ですが、カンガルー肉はかなりざっくりした売られ方ですね。

beefの部位としてあるox tailってありますけど、カンガルーの5本目の足とも言われる尻尾の部分は売られてないです。まぁ、あの尻尾の使われ方からして食用としてはかなり堅そうですけどね!

そして気になるお値段は?

一般的でないお肉ですから、貴重=高額と思いますか?

栄養価も相当高いですからね〜!

取材時に売られていた実際のカンガルー肉の価格はこちらです。

mince $10.50/kg

fillet $25.00/kg

steak $19.00/kg

味付け肉(2パック購入で) $13.75

beef minceと比べてみると、脂身が多い質の低いものと同じくらいの価格です。

ちなみにこの安いbeef minceは、なかなか日本の牛ひき肉では見られないほどに、本当に脂がギトギトです。脂身が少なめのものだと、$16.00/kgですので、価格比較でもカンガルー肉は優秀ですね!

カンガルー肉を食すのは、人間様だけではございません

犬や猫を飼っている方はご存知でしたでしょうけど、ペットフードにも多く使われていると今回の覆面取材で初めて知りました!

証拠写真付きでお見せします。

カンガルー肉のペットフードその種類

まずは、この記事を書くきっかけとなった一点でもあるこちら

骨付き肉。

それはそれは丈夫そうな一本骨の周りにお肉が付いてます。長さは30cm程でしょうか。重さは「最低でも550g」とあります。

うーん、体のどこの部分の骨なのかはあまり想像したくない。
ですが、このサイズ感、なんとなく分かってしまう(汗
カンガルー肉と言われなければ、見た目はフツーにbeef boneですね。

そして、猫ちゃんには細かいひき肉。

上下二枚の写真。上側はキャットフードのラベル。白い猫。下側は裏返したキャットフード5つに縦に英語のラベルの赤身肉パッケージ。

便利な一食用に分かれています。

ワンちゃんには、もう少し固まりっぽさを残したひき肉。

写真。英語のラベルの赤身肉パッケージ。白い文字で、犬用。

原材料ラベルを見ると。。。

写真。カンガルー肉を使ったキャットフードの原材料のアップ写真。白文字で、原材料:カンガルー,肉(牛,豚,羊,鶏

生でも調理して与えてもOKと。

カンガルー肉に加えて、beef やlamb、porkなども入ってるみたいですね。

この写真の商品だと、Mixされているけれど、カンガルー肉がメインという感じですね。

そして一番下に太字で注意書きが、人間は摂取しないようにと。
(ま、ペットフードなのでね当たり前ですが)

お値段はおおむね人間用の2、3割安と言った感じです。

そしてカンガルー肉入りでない商品は割高になります。

まとめ

さぁ、オーストラリアにおけるカンガルー肉について紹介しましたがいかがでしたか?

ちょっとした「カンガルー肉マメ知識」が付いちゃいましたか?w

実はわたし、カンガルー肉を日常的に食べてはないと言ったものの、食べたことはあります。

もう15年以上前のことですが、当時バックパッカーだったわたしは訪れた、オーストラリア北部のワイルドな都市NT Northern Territory ノーザンテリトリー州のDarwinダーウィンでその肉を初めて興味深くいただきました。

お味はというと、、、
「明らかにbeefではないけど、かなりbeefっぽかった」というのが感想です。

よくカンガルー肉は臭いと言われますが、わたしが食べたのはカレー。お店のカレーですから、もちろん日本のカレーではなく、いろーんなspice香辛料が入っているものだったので、肉の臭さは感じられなかったですね。

今回この記事をここまで書いて、次回は食レポか?とチラッと思いがよぎったところで終わりたいと思いますw

いくらオーストラリアでは普通に食肉として見かけるカンガルー肉でも、マックのメニューにカンガルーバーガーはナイですよ〜

あなたが今まで食べたことのある、あまり一般的でないお肉ってありますか?

コメントにてシェアしてくださいね Let’s Output NOW!!

一般的でないお肉ってありますか?

コメントにてシェアしてくださいね Let’s Output NOW!!

コメントはこちら👇Let's Output NOW!!