[オーストラリアで一番オススメのオンライン銀行] ING Bankを解説!

おすすめ銀行 ING銀行のロゴマーク AUSTRALIA
多くのオージーが使っているオンライン銀行の代表 ING Bank

アイエヌジー銀行です。イングバンクではないですよ(笑

もしあなたがオーストラリア永住者でまだING Bankを使っていないなら、ぜひこの記事を読んでING Bankの魅力を知ってください。

現在のところ、ING Bankはオーストラリアの国籍を持っているか、永住権を持っている人のみが、口座を開設することができます。

 

ING Bankは実店舗を持たないオンライン銀行です

ING Bankがみんなに愛される理由

英語に自信のない人は、実店舗のないオンライン銀行というと、何かあった時に店舗に出向いて、手振り身振りで説明できないからコワイ!って思うかもしれないですが、ING BankのWebsiteにはたくさんのFAQがありますし、常に高評価されているING Bankのカスタマーサポートは24時間いつでもオープンしています。

また、シドニーCBDにはING Lounge (9am-5pm, Monday to Friday) があり、口座開設の仕方や、銀行カードを無くした時にどうすればいいのか、などヘルプしてくれるそうです。

 

店舗がないという事は、本来店舗を置いた時にかかる光熱費や維持費が銀行側にかからないということです。

そして一番大きな費用である人件費がかからないということです。

オンラインショップと同じように、オンラインバンクシステムだからこそ、他の銀行には出来ない、高い利率や嬉しいサービスを存分に顧客に提供することが可能なんですね。

この恩恵、受けなきゃ損ですヨ!それでは、普通口座である Orange Everyday の気になる特徴を見ていきましょ。

 

 

買い物のたびに$200現金引き出しで、50セントがもらえる!?

これは顧客にとってやりようによっては、かなり割のいいお小遣い稼ぎになりそう。

FTPOSでの買い物の際に、$200以上の現金引き出しをするだけで、あなたの口座にING Bankから50セントが振り込まれます!

もちろん、その引き出した$200は、使ってしまわないうちに、すぐさま口座へ預け入れしましょう。

手間はありますが、$200のcash out というアクションだけで、50セントがもらえるってスゴイですね。

チリツモで結構貯まりそうです。

ただし、過度にやるとあなたの口座がこのオファーから、外されてしまうのでご注意くださいね。

 

口座維持費がタダ!

日本の銀行、金融機関に口座を開設して、お金を預けておく場合、その金額がいくらであっても、出し入れがなくても、”維持費”は請求されませんね。

しかし、ここオーストラリアでは 毎月、口座維持費が請求されるのが一般的です。

その金額は銀行によって変わり、だいたい5ドル前後ですが、年間にすると60ドル!大きい出費ですね。

ING Bankはこの口座維持費が 無条件でかかりません。

 

全国の郵便局でも出し入れ可能!

ING Bankは独自のATMを持ちません。

現金の出し入れは、全国の郵便局で可能です。

郵便局は小さな町にも必ずあるので、便利ですね。一方、一般的な銀行はオーストラリア4大銀行であっても、どの町にも必ず支店があるとは限りません。

もちろん全国の他行のATMも使えます。(手数料をカンタンに無料にする方法がありますので、記事を読み進めてくださいね)

 

DebitカードにVISA機能がデフォルトでついてくる!

普通クレジットカードを申し込むとなると、申し込み書類にはあなたの詳細な情報を記入し、カード会社による審査に通らなければなりませんがそんな面倒な手続きはなく、VISA機能付きのデビットクレジットカードが手に入ります。

オンラインなどで支払いが可能であるのに関わらず、デビットカードなので、支払いと同時に口座から引き落としがあり、かつ口座にある預金額以上支払う能力がないため、いつの間にか借金していた、と言う状況に陥ることはありません。

一部の店舗、特に海外のオンライン支払いには、海外発行のクレジットカードが使えないことがありますので、ご自身でご利用可能かどうかご確認ください

 

送金スピードがどこよりも早い

オーストラリアの銀行でネットバンキングを使って、他銀行へ送金する場合、結構時間がかかりますよね。それが、ING Bankの場合は、ほぼ即時送金です。

ご自分の設定で、notificationをメールやテキストで受けることができるので、身に覚えのない出金も即チェックできますよ。

もちろん国内送金の場合は、ネットバンキング利用でも窓口利用でも手数料はかかりません。

 

モバイルウォレット、キャッシュレス支払い

もう今どき、キャッシュレス支払いは銀行のデフォルト機能のひとつになりつつありますね。

お財布は家に置いて、Apple PayやGoogle Payで安全で便利に支払いができます。

 

シンプルだけど機能はしっかりカバーされているアプリ

オンラインバンキングは、パソコン、スマホ、タブレットで可能です。

アプリは、Apple Watch Appとも同期可能です。

土地勘のない出先で、最寄りの郵便局を探す必要があるときも、アプリから郵便局のロケーション検索にリンクで飛べて便利です。

 ここまでは、デフォルトの特典です!

これだけでもかなり他の銀行に比べてずっと便利でお得な銀行だと言うことを感じていただけたと思いますが、さらに3つの大きなオススメポイントがあります!

ING Bankのオススメポイントその1

ATM の利用がどこでもタダ!国内のみならず海外でも

ING Bankのオススメポイントその2

海外オンラインショッピング支払い手数料がタダ

ING Bankのオススメポイントその3

オンラインで簡単に開ける2つ目の口座Savings Maximiserの利率がスゴイ!

です! この3大特典を丸ごと受けるには、ある条件があります。

といっても誰でもクリアできる とても簡単なものなので、ご安心を。

 

ING Bankに口座を開設したらやるのはこの2つ!

わたしは習慣になっているので、ゲーム感覚でこのふたつの’タスク’をこなしています。

このタスクを当月クリアすることによって、翌月ING Bankが提供しているbenefitが有効になるので、毎月、忘れずにタスククリアしていきましょう!

ちなみにわたしは、このタスクは月初に済ましてしまいます。

タスク1 他銀行からの入金がその月に最低$1,000以上
タスク2 カードでの買い物がその月に最低5回以上

このタスク、難しい、面倒だと思いますか? ひとつづつ詳しく説明していきますね。

まず、タスク1。

他銀行からの入金がその月に最低$1,000以上

他銀行というのは、ING Bank以外の銀行または金融機関です。これには郵便局も含みます

このタスク1を達成するのに、いくつか手段があるので、ゲーム感覚で攻略法として紹介していきます。AまたはB、あなたはどちらの攻略法でいきますか?

攻略法 A

給料などの定期収入が$1,000以上ある人は、この銀行に振り込まれるようにしておけばタスク1は簡単にクリアできますね。

もちろん、ちゃんと$1,000以上の振り込みがされているかは、ご自身でチェックをしておく必要がありますよ。

攻略法Bは、定期収入がない、あるいはその収入額が$1,000に満たない方向けで、3パターンあります。

攻略法B-x

あなたが、違う銀行に口座を持っていたら、その銀行口座から$1,000以上の金額をING Bankの自分の口座へオンラインバンキングで送金します。

ING Bankの自分の銀行口座にそのお金が振り込まれたのを確認したら、タスク1はクリアしたことになります。その振り込んだお金は元にあった他銀行の口座に戻して大丈夫です。

$1,000ドルもない?そんな方はこの方法

攻略法B-y

もしも、$500しかなくても大丈夫です!

攻略法B-xを2回繰り返せば合計$1,000の他銀行からの入金があったということになりますので。例え、その月の手持ちが800ドルしかなくても、400ドルしかなくても複数回この作業を繰り返して合計$1,000ドル以上の預入金があればタスク1クリア!

このタスク1は、誰からの入金というのは関係ないので、タスククリアのためにわざわざ他の人に頼むことは不要、自分の口座を使えばいいだけです。

攻略法B-z

ING Bank以外に銀行口座がない場合は? 問題ありません。ING Bankに入っている現金(ここでは分かりやすく$1,000あったとします)を一旦引き出します。そしてその引き出した$1,000を自分のING Bankの口座へ、ATMや郵便局で入金すればOK、タスク1クリアです!

口座にずっと$1,000を預金しておく必要もなく、とにかく誰からだろうが関係なく、口座へ$1,000ドル以上の預け入れが月に1度あればいいのです。簡単でしょ?

 

そして、タスク2。

カードでの買い物がその月に最低5回以上

このタスク2の条件は、他には類を見ないING Bankならではのユニークな条件です。

タスク1同様、簡単にクリアできる条件なので、楽しんで攻略していきましょう!

’カードでの支払い’と言っても、日本での感覚のクレジットカードとは違って、デビット機能が使えるので、5回分の利子を払う必要はありません。

商品やサービスを”購入”することが条件なので、単に、現金を引き出したり、残高チェックするだけでは回数はカウントされません。

あなたが月曜日から金曜日までの毎朝5日間、テイクアウェイでコーヒー1杯をこのカードを使って払ったらタスク2は完了です。

スーパーなどのお店に5回買い物に行かなくても、ING Bankカードを使って会計を5回すればいいので、買い物は月にせいぜい2、3回というあなたも、5つ以上の商品やサービスを購入しますよね、一度に会計しないで、5回に分けて会計すればOKです!

またこの5回という回数には、オンラインでの支払いも含まれます

 

 

さて、こんな簡単なタスクをクリアするだけで、受けられる素晴らしいサービスを紹介します

 

ING Bankの +αのオススメポイントその1

ATM の利用がどこでもタダ!国内のみならず海外でも!

かつては、オーストラリアの多くの銀行は、日本の銀行のATM時間外手数料ように、他行のATMを使う時は、手数料がかかっていましたが、2017年あたりから、徐々にこのATM利用手数料廃止の動きが始まりました。

2019年の現在では、ほとんどの銀行で他行ATM利用手数料を無料にしていますが、まだいくつかの銀行ではそのサービスを始めておらず、$2.00から$2.50の手数料がかかります。

店舗もATMも持たないING Bankは、他行ATM利用の無料サービスをどこよりも先駆けて提供した銀行です。

更に、ING Bankは国内のATMのみならず、全世界のATMが実質無料で使えます!(一旦、手数料がかかりますが、即時または5日以内にその手数料は口座へ戻されます)

 

ING Bankの +αオススメポイントその2

海外オンラインショッピング支払い手数料がタダ!

通常、海外のオンラインショップでの支払いの際には、支払額の他に手数料がかかります。この手数料の額は銀行によって変わります。

ING Bankでは、支払額+2.5%の手数料が掛かるところ、この手数料が実質かかりません!

一旦、手数料がかかりますが、即時または5日以内にその手数料は口座へ戻されます。
支払い先によっては、この手数料とは別にプラスして手数料をとるところがありますが、その別手数料はING Bankのこのオファー外のものとなりますので、お支払いの際には、ご自身でよくご確認ください

わたしが実際に経験した例はこちらです。

海外オンライン支払い $207.77-
手数料 $5.19-

この$5.19が即時に口座へ還ってきました!手数料をING Bankが全負担してくれました〜

国内のオンライン支払いと同じ感覚で支払いができる、これはかなり嬉しいサービスですね!

 

ING Bankの +αオススメポイントその3

オンラインで簡単に開ける2つ目の口座Savings Maximiserの利率がスゴイ!

INGBankの口座を開くとなるとまず開くのは、Orange Everydayという普通口座。毎日のお財布口座として使うのに最適です。

eftposでの支払いなどは、自動でOrange Everydayの口座から引き落としになります。

そして、給料などの他の残高を貯めておくのに、このSavings Maximiserという口座を開くことをオススメします。

何と言ってもその利率はオーストラリア普通預金口座の利率のランキングで常にトップクラスの高レートです。

2019年1月現在のレートは2.8%です!

このレートは、Orange Everydayと併用して口座を持っている場合に有効です。

Savings Maximiserは普通口座なので、定期口座と違って、ご自身のお金の出し入れが制限なく自由にできるので便利ですね。

例えば、その月の予定出費額だけをOrange Everyday において、残りの全てのお金はSaving Maximiserに入れておけば、おいしい利率の恩恵が丸っと受けられますね。

もちろん全てをSaving Maximiserに入れておいてもOKです。

 

おすすめオンライン銀行 ING Bank まとめ

どうでしたか?ING bankの魅力が伝わったでしょうか?

こんなに便利でお得なING Bankを使わない手はないですよね!

盛りだくさんな特典を書き出しましたが、実はまだ今回は紹介していないものもあるので、ぜひING Bankのウェブサイトを覗いてみて下さい。

この記事は2019年1月時点のING Bankのウェブサイトとカスタマーサービスへの問い合わせ確認、および私の経験をもとに作成しました。
口座開設の際は、ご自身でよく確認し納得した上で行いましょう。
あなたは、店舗を持たないオンライン銀行を使っていますか?
どんな特典があるかコメントにて教えてください!Let’s Output NOW!!

コメントはこちら👇Let's Output NOW!!