ホットワインとサングリア 赤ワインで作る超簡単ドリンクレシピ2種

Matilda's Kitchen マチルダズキッチン 赤ワインを使った超簡単easy温&冷ドリンクAUSTRALIA

オーストラリアにいるからには試したい!宅飲み、ホームパーティにはコレっ

オーストラリアは9月1日から、暦上「春」となりました。

広大な国ですから地域によっては、
「もう結構前からあったかいよ!」
とか逆に、
「まだ全然寒い〜!」
など春を迎えたと言っても気温差は都市によって様々です。

わたくしマチルダが現在住んでいるここ、Gold Coastゴールドコーストの春は日本で例えると、沖縄の春に似ているかもしれません。
だいたい最高気温は25度前後、最低気温が15度前後です。

日本とは比べ物にならないほど乾燥しているので、陽が当たらない場所や冷たい風が吹いている日、陽が傾き始めると体感温度は実際の気温よりも低く感じることも多いです。

今回は、そんなゴールドコーストの春の気候にベストな(っていうのは建前で、もちろんどんな季節でもオススメ)美味しいオーストラリアの赤ワインを使ったドリンクレシピを2種類ご紹介したいと思います。

必要な材料は、一般的なスーパーで手に入るものだけ!
温と冷。ちょっと冷えるなって日と、なんか今日暑いなぁって日に。
または、気温が高い日中と、夕方以降の気温が下がった時と。
一本の赤ワインで2度美味しい、マチルダオリジナルレシピです♥

ホットワインうんちく

今までホットワインはお店などで何度か飲んだことがありますが、実際に自分で作ってみるのは初めてだったので、調べてみるとなんと、’ホットワイン’は、和製英語だったんですね。

英語ではMulled Wine マルド ワインです。

・ジーニアス英和辞典によると、mullと言う動詞の意味は、

(ワイン・ビール・りんご酒など)に砂糖と香料を加えて温める

とあります。

また、オックスフォード現代英英辞典によると、mulledは形容詞で、

wine has been mixed with sugar and spices and heated

となっています。
なるほど。そのまんまじゃないですか!w

ホットワインという言い方はその様子が分かりやすい単語ですから、口語としては英語圏でも意味は通じると思います。が、mulled wineと言うちゃんとした英単語があるんですから、覚えておくといいですね。

さ、Triviaトリヴィアはこの辺にして、マチルダレシピをどうぞ。

レシピその1:ほっこりMulled Wine

二人分(マグカップ2杯弱)です。

材 料

・赤ワイン:340〜350ml
一般的に渋みの少ない、フルーティな若いワインが向いているとされています。
決して高価なワインである必要はありません。
今回わたしが用意したのは、こちらです。

赤ワインのボトル。KRONDORF Shiraz 2017

オーストラリアでも有数なワインの名産地のひとつ、South Australia州にあるBarossa ValleyのShirazです。

ドライタイプのred wineですが、しっかりboldの中にも、fruityさ、特にほんのりberryを感じられる飲みやすい一本です。

KRONDORFは、過去10年で300以上の国内外のワインショーなどでメダルを獲得しているワイナリー

・Mandarine マンダリンみかん2、3個 皮をむいてフサから出しておく(お好みの量でOK)

みかん3つ

甘い仕上がりにしたい場合は、甘めみかんを。
酸っぱさが際立つみかんはシトラスっぽさが残る仕上がりになります。

英語では、みかんはorangeオレンジではなく、mandarineと言うのが一般的です

Cinnamon sticks シナモンスティック1本(お好みの本数でOK)

シナモンスティック3本

Cloves クローヴ 6、7つくらい(お好みの量でOK)

11個の白いテーブルに置かれたクローブのアップ画像。

cinnamon sitckとcloveは、入れ過ぎるとスパイスの風味が先立ってしまうのでご注意ください!

sinnamon sticks とclovesは、オーストラリアの一般的なスーパーマーケット(Woolworths,Coles)や、イタリア系Veggie shops ヴェジショップ八百屋さんなどのスパイスコーナーに必ずあります。
ちなみにチャイラテ好きな私は、Asian groceryエィジアン グロッサリィアジア食料品店で買います。←量が多いですが割安です

もし、今回のレシピのためにお試しに揃えると言うならスーパーで売られている量のもので十分です。

・Raw sugar 黒糖 小さじ4(お好みの量でOK)

作り方

1)みかんは皮をむいて、ふさから身を取り出しておきます。

2)小鍋に仕上がりの半分の量の赤ワイン(170〜175ml)とすべての材料を入れ火にかけます。

3)スプーンと鍋の壁を使って、いくつかのみかんを潰します。

4)煮立たせないように火加減を見ながら10分。

鍋の中に赤ワイン、シナモンスティックとスプーンがいくつかのみかんをすくって見せている画像

5)残りの使用量の赤ワイン(170〜175ml)を鍋に注いでさらに煮立たせないように10分で出来上がり。マグカップに等分に注ぎましょう。この時、飲む時に口に当たるのでcloveを取り除いておくといいですよ。

青い取っ手のマグカップにシナモンスティックの入った赤ワイン。みかんのふさが浮いている。

作っている間に、使うマグカップには熱湯を注いでおいて、カップを温めておきましょう。出来上がったmulled wineを注ぐ直前にお湯を捨てて、水気を拭いてください

すぐ手に入る材料で、なるべく少ない材料で、なるべく少ない工程で、思い立ったらすぐに出来てちゃんと美味しいmulled wineが楽しめます。

トラディッショナルなレシピでは、たくさんスパイスを入れるのですが、このふたつのスパイスを押さえておけば大丈夫です!

余ったスパイスは、cinnamon sticks は紅茶に入れたり、clovesは肉料理、特にpork豚肉料理に適しています。

サングリアうんちく

Spainスペインのアルコール飲料。GreeceグリースギリシャやEnglandイングランドイギリスでもよく飲まれています。オーストラリアでは、Mexicanメキシカンや、Mediterraneanメディテェリニアン地中海料理レストランなどで人気のドリンクです。

トラディッショナルなサングリアは、赤ワインにカットしたフルーツと砂糖やオレンジジュースを加えたものです。
ワインがフルーツに浸み込み、オレンジジュースの甘みともよく合わさるため作ったその日よりも、冷蔵庫で一晩おいた方が美味しさが増します。

翌日に飲み切らなくても大丈夫。翌々日はさらに味が増します!

レシピその2:前日に仕込むSangria

レシピその1のMulled wineの残りのワインで翌日用に作ります。

材 料

・赤ワイン: 400〜410ml (レシピその1で余った分全て)

・オレンジ系の炭酸飲料 300ml 今回使ったものはこちら

diet Orange&Passionfruitが入ったペットボトル

・果汁100%オレンジジュース 500ml

・みかん 2、3個 皮をむいてフサから出し、半分の大きさにカットしておく

・Blueberries ブルーベリー お好みの量

・Strawberries いちご ヘタを取り、カットしておく お好みの量

・缶詰のPineapple *シロップごと使用します

Doleパイナップルの缶詰

作り方

1)オレンジジュースのアイスキューブを作ります。Sangriaに入れる分として100~150ml取っておき、残りを製氷皿に注いで冷凍庫で凍らせます。

手前にオレンジジュースを製氷皿に入れて作ったアイスキューブ。オレンジジュースの空のペットボトル。

2)ボウルなどに、すべてのフルーツを入れます。pineapple缶はシロップごと投入。

ガラスボウルにカットフルーツが入っている。みかん、パイナップル、いちご、ブルーベリー。その向こう側にワインボトル。

3)オレンジジュースを100~150ml加えます。

4)さらに、赤ワインも。

ガラスボウルの中に赤ワインとカットフルーツ。

5)ラップで蓋をして冷蔵庫で一晩寝かせます。

6)グラスにオレンジジュースで作ったアイスキューブを数個入れて、5のフルーツをレードルなどですくって入れます。

グラスに’オレンジジュースで作ったアイスキューブ’。向こう側には、ガラスボールに入った赤ワインとカットフルーツ。

オレンジジュースで作ったアイスキューブが製氷皿から抜けにくいかもしれないですが、時間をおけば周りが少し溶けて取り出しやすくなります。

7)ワインジュースをグラスの7~8割ほど注いで、炭酸をその上から注いだら、マドラーなどでかき混ぜて出来上がり

グラスに入ったサングリア。

普通のアイスキューブではなく、オレンジジュースキューブを使うことで、飲んでるうちにサングリアが水っぽく薄まることがありません。じっくり味わいながら飲みましょう。

複数でシェアするなど、一気に飲みきりそうならば、炭酸をグラスに足すのではなく、ボウルの方へ入れてしまっていいでしょう。

アルコールがきついと感じる場合は、炭酸の分量を多めに。

Sangriaはフルーティで口当たりがよく、とーっても飲みやすいのでジュース感覚で飲むとちょっと危険です。。。

またSangriaはその見た目から、ホームパーティなどでもウケがいいので、その際は可愛いパンチボールとグラスを使い、ミントの葉などを足すとインスタ映えのルックスに仕上がりますよ!

*今回マチルダは家飲みということでキッチンにあるもので…(汗

まとめ

赤ワインを使った超簡単なのにとっても美味しいホットドリンクMulled Wineと、コールドドリンクSangria。 

面倒臭いことは一切なし!

20ドル以下のワインで十分!(オーストラリアワインはお手頃価格の美味しいワインがたくさん)

スパイスやフルーツに変化を加えて、あなた好みのドリンクを作ってみましょう。

今回私が使ったワインはそのままでも上等なお味なのですが、いつもとはちょっと違うテイストを楽しむのもアリですよね。

お家の片隅に飲まれる予定のない赤ワイン(オーストラリア在住者宅にはそんなワインがある可能性が高いw)があったら試してみてはいかがでしょうか?

ぜひこのレシピを試されたら感想をシェアしてください Let’s Output NOW!!

コメントはこちら👇Let's Output NOW!!