【マチルダのネトフリ日記】ジブリ編 17/21 耳をすませば

NETFLIX まちるダのネトフリ日記 ジブリ編 耳をすませばThoughts

はい、タイトルを見ての通り、日記(記録)を付けようと思った次第です。ジブリ 編としましたが、他のシリーズがスタートするか全くもって確信はなく。

わたくしマチルダのスタート時のベースはこちらです。。。

・ネットフリックス触ったことない
・TV3年観ていない
・ジブリファンではない
・ファンタジーものは、苦手分野

途中棄権せずに、ネトフリでジブリの21作品すべて鑑賞することができるのか今のところ不明です(汗
あ、タイトルの《xx/21》は進捗を表します。

この日記の感想はあくまで私感です。自分の備忘録、雑記中の雑記でございます。

鑑賞データ

タイトル:Wisper of the Heart  耳をすませば

放映年: 15 July 1995

上映時間:111 min

かつて鑑賞したことがあるか:ない。

なぜこのタイトルを選択したか:ファンタジー色がないと判断した結果(あらすじなどの一切の情報はチェックせず)

鑑賞して気づいたことメモ

少し色褪せた写真。たくさんのヴァイオリンが吊るされている画像。

カントリーロード♪

お、声優の名前がしーっかり出てる。今まで見たジブリ作品の中で一番かも、こんなにクリア(一人づつ)表示されてるのは。

(駅の看板)多摩診療所にファミマ。

!?お父さんの声優、大丈夫??めちゃめちゃ棒読みだけど。。。

concrete road(笑

猫が電車に乗ってる。。。もしやファンタジーものなのかっ!

あ、Baron Humbert von Gikkingen 見覚えあるぞ!

あんな仕掛け時計、いいなー

Shizuku、お弁当どっかに置いてきてるー!と思ったらちゃんと届けてくれた人が。なるほど、ストーリーだねぇ。

Shizuku、飛び出しは危険です!

って言うか、なんでShizukuのお弁当って分かったの?名前も書いてないだろうに。。。

恋の三角関係〜!あわあわっー

ヴァイオリンってあんな風に作れるのか。多摩あたりじゃ、そう言う教室もありそうでもあるけど。。。

Seiji Amasawa!!君がっ

中学生で、イタリアへヴァイオリン職人修行へってスゴい目標だな(汗

Sweet!!

いいねぇ、青春!友情!

Muta?!その名はっw

Shizukuって呼び捨てっ(ハート

父の声優。。。

東京都下とは言え、暖炉のある家って珍しい。

おじいさん、気前いいなぁ

!?Shizukuがどの部屋に寝てるかとか知ってたの?偶然すぎる。。。フィクション、フィクションw

Sweeeeeeeet !!! ヒューヒュー

あんなふたり見せられたら、こっちまでチャリ乗りたくなってきたw

朝日っていいよな〜

Seijiって呼び捨て(ハート

Wow!プロポーズぅーーー

英語。。。
slacking off  怠る、遅らせる
beryl  緑柱石(緑色・薄青色の宝石)
lapis lazuli  青金石
updraft  上昇気流
haste  急ぐこと、迅速
planetoid  小惑星
folklore  フォークロア、民俗学
pyrite  王鉄鉱
agate  めのう
betroth  婚約させる
sorcerer  魔術師
artisan  職人、熟練工
smarten up  しっかりやれ

鑑賞まとめ

この作品の前ん鑑賞したのは、『From Up on Poppy Hill コクリコ坂から』。マチルダ、まさかの “アニメ見て涙”した作品です。

まさか、まさかのクライマックスでウルッと(照
ジブリファンタジーものの魅力は、まだ100%理解していない。
そして、こういう“青春ど真ん中”な作品も好んで観るタイプではないものの、2作品連続で、ウルウルきた自分に一番驚いているところ(汗 ジブリマジック??

このShizukuが作品の中で書いたストーリーが、『Cat Returns 猫の恩返し』ってことでいいですか?中学3年生が書いた物語って言うなら、あの展開も納得かも。

Seijiは、Shizukuのことメチャメチャ好きなんだね〜 Shizukuに気づかれたい一心で図書館の本を借りまくったり、お弁当も届ける“偶然”、夜明け前のShizukuが住む団地前でウロウロなど、、、一途な恋心。 一歩間違えばストーカーだけど(失礼!

電車に猫が乗っているシーンで、しまった!ファンタジーものか?!と思ったけど、そうではなかったからよかったー

多摩っぽい景色は懐かしかったな〜 高台からの眺めとか。

長ったらしい映画だったとは思わないけど、あの猫を追いかけまくるシーンはあんなに長くなくても良かったんじゃない?ってアニメファンじゃない人の感想。

読書好きのマチルダとしては、図書館や本のシーン多くて勝手に親近感。あの、本の裏表紙にポケット型の図書貸出カードがあるのは、昭和育ちには特に馴染み深い。

いい作品だと思うけど、『From Up on Poppy Hill コクリコ坂から』と同様、このタイトルがストーリーの内容にしっくりきていないような。。。
ヴァイオリンの音色がメインでもないし。

カントリーロードの英語歌詞をYouTubeでチェックしてみようと思う。
このネトフリでジブリ鑑賞をスタートさせてから、よくYouTubeでジブリメドレーなんかを聴いているんだけど、どれにもカントリーロードは入っていなかったような。。。著作権の関係だろうな。

作中で鍋焼きうどんを食べるシーンがあるけど、元々うどんよりお蕎麦派な上、まだこれ観てる現在暖かい季節だから、そこまで「うどんいいねー!」とはならなかったものの、なぜかこの記事を書いている段階になって、「うどん食べたいかもー。。。」ってなってる不思議。鍋焼きは無理だけどね。

残すところ、あと4作品!!!どーーっ

Thoughts
Follow マチルダ // Matilda Now !!

コメントはこちら👇Let's Output NOW!!