オーストラリア発のMuffin Breakマフィンブレイク:気軽に行けるカフェチェーン店

Muffin Break マフィンブレイク オーストラリア国旗 Since 1989 クイーンズランド州発 気軽に行けるマフィンとコーヒーがおいしいカフェチェーン店AUSTRALIA

こんにちは ゴールドコースト在住のマチルダです!

オーストラリアのチェーン店のカフェであるMuffin Breakマフィン ブレイク。多くの場合、ショッピングセンターの中に店舗があるので、知名度は高いですね。
実は、現在マチルダが住んでいるクイーンズランド州から第一号がスタートってことで、勝手に親近感アップw
誰でも行きやすいMuffin Break、入らな損なお得なメンバーシップについても紹介しまーす。

マフィンブレイク基本情報

・スタートは…1989年。30年以上の歴史!オーストラリアのクイーンズランド州クーランガッタに第一号店オープン
残念ながら、第一号店となったお店は今は存在していないそうです。

・規模…国内210店舗、ニュージーランド37店舗、イギリス46店舗、インド2店舗(2020年)
オーストラリア全州に店舗あり。

・特徴…マフィンの種類が多い。お店で焼き上げている。幅広い層に人気。

・営業時間…それぞれのお店によって変わるので、公式ウェブサイトの店舗検索でご確認ください。

ショッピングセンターに入っていることが多いこともあって、週7日オープンしているところがほとんどだと思います。
お店によっては朝5時開店のところも!
Muffin Break マフィンブレイク マスコットのマフィンの形をしたぬいぐるみ Muffy マフィー

マフィンが売り

マフィンブレイクの名の通り、マフィンがウリです!

一般的なカフェでは、置いてあるマフィンの種類はせいぜい4種類くらいでしょう。

お店の規模にもよりますが、13〜15種類はありますね。もちろん甘いマフィンだけでなく、ハムチーズマフィン、ほうれん草&チーズ&ドライトマトマフィンなどランチにぴったりなマフィンもあります。
バスケットに入って売られているこれらのマフィン、たくさん食べたいところですが、ひとつで十分のサイズですw

Muffin Break マフィンブレイク ショーウインドーにバスケットに入ったマフィン ホワイトチョコチップ、トリプルチョコ、アップルシナモン、トリプルチョコ(いちごシーズン)

とある日のマフィンの品揃えはこんな感じ

Muffin Break マフィンブレイク ショーウインドーにバスケットに入ったマフィン ほうれん草、キャラメル、スティッキーデーツ、レモン、バタースコッチ、バナナ、洋梨くるみハニー、ラズベリー

定番のフレーバーとしては…
・バナナマフィン
・ブルーベリーマフィン
・ミックスベリーマフィン
・アップルシナモンマフィン
・レモン&ナッツマフィン
・チョコチップマフィン
・ブラウニー&ナッツマフィン
・キャロットケーキマフィン
・コーヒー&くるみマフィン

Muffin Break マフィンブレイク ショーウインドーにバスケットに入ったマフィン チョコチップ、バナナ&ピーカンナッツ、ブルーベリー、バタースコッチ&ホワイトチョコ、アップルシナモン

塩系マフィンは…
・チョリソー&パンプキンマフィン
・ミックスベジ&バジルペースト&チーズマフィン
・乾燥トマト&オリーブ&にんじん&パルメザンチーズマフィン

また、最近の健康志向にうれしいWholemeal全粒粉使用、低脂肪、グルテンフリーやDairyデイリーフリー乳製品未使用、ヴィーガンマフィンの種類も増えつつあります。みんなにオススメできますね。

素材は選び抜いたものを使い、お店のオーブンは朝4時から稼働しているそうです。

ちなみにマチルダが食した(写真を撮った)ものは…

Muffin Break マフィンブレイク 3つのマフィン

マフィン以外のフードもおいしい

朝食はパン派と言うあなたには、ハムチーズトマトトーストサンドやクロワッサンもありますよ。
注文してからトーストしてくれます。もちろん、トーストせずにそのままでもOK、

without toast:トーストせずに

とお願いしましょう。

日替わりの具のサンドウィッチ、ラップサンド、野菜がいっぱい入ったキッシュなどのほか、数は少ないですが、パイやサラダもあるので試してみてはいかがでしょうか。

とある日の品揃えはこんな感じ…

Muffin Break マフィンブレイク ショーウインドーに入ったトーストサンド の トースティー キッシュ、ベーコンエッグパイ、ベーコンマッシュルームタルト

トーストするサンドウィッチはToastieトースティーと言います。

メニューは店舗ごと、シーズン毎に変わってきます。

マフィン以外での人気No.1メニューというキャロットケーキ。この特大サイズ感伝わるでしょうか?お友だちとシェアしてちょうどいい大きさデス。
トップのアイシングは甘いですが、ケーキ自体は甘さ控えめ。

Muffin Break マフィンブレイク キャロットケーキ トップにアイシング

実はコーヒーもおいしい

マフィンブレイクの人気のひみつは、有名なマフィンだけでなく、コーヒーも実はとってもおいしいんです。
豆はオーダーが入ってから挽く、いつでもフレッシュな挽き立てコーヒーがいただけますよ。

また、通常カフェなどで、コーヒーのミルクをSoy Milk豆乳に代えてもらうと、追加料金が50セントくらいかかりますが、マフィンブレイクではNo Charge無料です!
Soy Milk派にはうれしいですねー

持ち帰り用カップは定期的に柄が変わります。かわいいでしょ

Muffin Break マフィンブレイク 可愛らしいイラストが描かれているテイクアウト用 コーヒー 紙 カップ

お得なメンバーシップ特典

マフィンブレイクのおいしいメンバーシップ『Muffin Break Club マフィンブレイククラブ』に入会するカードはスマホアプリをダウンロードするタイプなので、便利です。

お得ポイントその1:
有効なEメールアドレスを入力してオンラインで入会手続きをすると、ウェルカムギフトとして、一杯無料でスモールサイズのコーヒーがいただけます。

お得ポイントその2:
コーヒーを買うたびにひとつポイントが貯まり、5杯目は無料(スモールサイズ)です。コーヒーショップの『ポイント貯めて一杯無料』は10杯目が無料としているところが多い中でお得感がありますね。

例えば、月曜から毎日コーヒーを買ったら毎週金曜日は、ただでコーヒーがいただけるというとこですね。
また例えば、一度に二杯購入ならば、ポイントはふたつ付きます。

コーヒーをオーダーする時は忘れずに、QRコードをスキャンしてもらいましょう

お得ポイントその3:
お誕生日月にマフィンをひとつ無料でいただくことができます。ぜひお誕生日月前に入会しておきましょう。

クラブポイントは、コーヒーだけでなくホットチョコレート(ココア)やホットティーの購入も対象です!

そのほか、特別オファー(キャンペーン)やお知らせもアプリに通知が来ます。

まとめ

特に、海外でカフェに入るのにちょっと勇気がいる

何となく敷居が高い

コーヒーがまずかったら

どんな食べ物があるか不安

と言うあなたにはこのマフィンブレイクはおすすめです。

お店でゆっくりするもよし、Take awayして近くのビーチや公園でのんびりするのもいいですね。

オーストラリアでは、“持ち帰り”はTake awayと言うのが一般的です。
To goも通じますが、Take outはよりアメリカ英語ですね

マフィンをひとつお持ち帰り♥

Muffin Break マフィンブレイク 可愛らしいイラストが描かれているテイクアウト用 紙袋

店員さんもフレンドリーですし、ショーケースに並んでいるフードはどれも美味しそうな上、種類が多く迷いますが、実物が置いてあるので好みのもの、オーダーしたものがちゃんと買える点もいいですねw

マフィンブレイクでは
『マフィンとコーヒーをA$7.50』や
『トースティーとホットドリンクA$8.00』
などキャンペーンをよくしているので、店内のサインにご注目を!

 

コメントはこちら👇Let's Output NOW!!