Mobile Library 移動図書館に会いに行こう -Richmond Tweed Regional Library編-

LIBRARIES 図書館

#002;Mobile Library -Richmond Tweed Regional Library編-

あなたはMobile Library モバイル図書館を利用したことありますか?

モバイル図書館=移動図書館ですね。

広大な土地のオーストラリア、もちろんMobile Libraryあります!

Mobile Libraryの規模も大きめです。

この記事では、オーストラリアで市民に利用されているMobile Libraryを私のオリジナルの写真付きで紹介します。


オーストラリアは車社会。とは言っても、運転をしない人、特に高齢者や、近くに図書館がないという人にとって地域を巡回してくれる移動図書館はとてもありがたいサービスです。

今回のこの記事で紹介するのは、オーストラリアのNew South Wales ニューサウスウェルズ州の北端のRickmond リッチモンド地域、Tweed トゥィード地域をカバーするRichmond Tweed Regional Library エリアで活動している移動図書館です。

サーフィン&ヒッピーカルチャーで日本人からも人気のByron Bayもこのサービスエリアに入ります。

丸ごとインスタ映えの町、バイロンベイへ行こう! 行き方編
バイロンベイの魅力をシリーズでご紹介!今回は、行き方編。オススメの行き方のひとつ、SkyBusスカイバスについても詳しく解説。ビーチカルチャー、ヒッピーカルチャー、オーガニックフードを扱うおしゃれなカフェやレストラン、ヨガやヴェジタリアン、健康志向、スピリチュアル、ローカル発祥ブランドAfends / THRILLS / SPELL&THE GYPSY...)数え上げたらきりがないバイロンベイの魅力をシリーズでお伝えします。

例えば、Byron Bayにある図書館にはちょっと遠いNimbinやBangalowにお住いであっても、この移動図書館が定期的に巡回していますよ。

外国の移動図書館、どんな感じだと思いますか?

百聞は一見に如かず!移動図書館の外観写真からどうぞ!

移動図書館の車体全体を写した写真。道路脇に停められたトラック型の移動図書館。青い空。letsoutputnow.com

どうですかこのサイズ、すごいでしょ?
日本で移動図書館と言うと、まぁ大きくてマイクロバスくらいの大きさでしょうか。

オーストラリアの移動図書館は大型バスどころか、大型トラックサイズ!

改造された車内に、本、DVD、貸出カウンターはもちろんのこと、コンピューター、コピー機まで搭載されています。

車内はエアコン完備ですから、どんな天候の日でもこの中で快適に本を探すことができますよ。

中に乗り込んでみましょう!

移動図書館の車体の外側を写した写真。中央の入り口には階段と黄色い手すり。letsoutputnow.com

移動図書館の入り口の写真。黄色い手すり。入り口脇の壁には時間外返却口が設置されている。OUT OF HOURS RETURNS. letoutputnow.com

自動ドアです。

入ってすぐ右手に貸出カウンターがあり、その奥にデスクトップのコンピューターとコピー機が設置されています。

移動図書館の車内の写真。コンピュータデスクにデスクトップコンピューター、手前にコンピューターチェア、壁には図書館をテーマにした写真が貼られている。letsoutputnow.com移動図書館の車内の写真。ステンレス製の本棚にたくさんの本が陳列してあり、手前にコピー機が置かれている。letsoutputnow.com

そのほかの壁は床から2メートルほどの高さまで本棚になっています。

こちら側は大人向けの色んなジャンルの本がぎっしりと陳列されています。

走行中に本やDVDが飛び出さないように、本棚は奥がやや低くなっている設計。

ちょっとしたベンチもあります。

移動図書館の車内の写真。ステンレス製の本棚にたくさんの本が陳列してあり、手前に布製のベンチ。letsoutputnow.com

手が届かない高い棚の本はこちらのステップをどうぞ。

壁に貼られたポスター。階段式の踏み台の写真と、'Steps are available to help reach and view high shelves. Please ask for them at the desk' の文字。letoutputnow.com

そして出入り口の左手にはキッズ&ヤングアダルトコーナーになってます。

移動図書館の車内の写真。キッズ本が陳列されていて床にはグレーの犬のぬいぐるみ。letsoutputnow.com

カーペット敷きのスペースにぬいぐるみも。

移動図書館の車内の写真。キッズ本が陳列されている。letsoutputnow.com

移動図書館の車内の様子。キッズ本コーナー。本棚に子供向けの本が陳列されている。床には茶色い兎のぬいぐるみ。手前にベンチ。letsoutputnow.com

英語版の漫画、ポケモン15冊くらいの背表紙。letsoutputnow.com

英語版の漫画。らんま1/2、1巻〜3巻。セーラームーン2巻〜4巻。letsoutputnow.com

漫画コーナーには日本の漫画もあり充実していますよ。

頭上のスペースには、移動図書館の歴史が写真付きで紹介されていました。

移動図書館の車内の高い壁にいくつもの古い移動図書館の写真が貼られている。letsoutputnow.com

この地域での一番古い移動図書館は、1980年。

壁に貼られた白黒写真。初代移動図書館のトラックとその前に立つ男性。The Library goes Mobile in 1980. letsoutputnow.com

2トントラックほどでしょうか?そのスタイルはやはり日本の移動図書館によく見られるような車両の周りに本棚があるタイプではなく、車内に本棚があって利用者が乗り込むタイプなんですね~

当時は、今よりも自家用車を持っている人は少なかったでしょうから、市民の移動図書館需要はもっともっと高かったと思われます。

私は、車で図書館に行くことが出来る時でも、あえてこの移動図書館のスケジュールをチェックして「遊びに」行きます。

なんか、あの特別感が好きなんですよね~

「図書館が車でやってくる」んですから!

この移動図書館、いろんなエリアを回るため一箇所の滞在時間が決まっているので、その辺の特別感も私にとっては魅力なんだと思います。

予定時間を逃したら、図書館に会えない!

滞在時間(45分から3時間ほど)は管轄により変わるので、確実に移動図書館を訪れたい場合はタイムテーブルをチェックして、到着時間を狙いましょう!

参考までに、今回紹介したRichmond Tweed Regional Library エリアの移動図書館のタイムテーブルのリンクを貼っておきますね。

Mobile Library – Richmond Tweed Regional Library

いかがでしたか。移動図書館、行ってみたくなりましたか?

あなたの町には、移動図書館やってきますか?

行ったことのある移動図書館はどんな感じですか?

下のコメント欄にてシェアしてくださいね!

Let’s Output NOW!!

コメントはこちら👇Let's Output NOW!!