【ゴールドコースト マーケット】Vol.1マリーナのセレブな全天候型ミニマーケット

バックグラウンドは、バラ売りの野菜が並ぶマーケットの写真。「セレブなローカルマーケットin Gold Coast マリーナミラージュ ファーマーズマーケット」AUSTRALIA

マリーナミラージュ グルメ ファーマーズマーケットへ行こう!

G’day! ゴールドコーストは本日も広くて青い空の下、ながーい水平線がキラキラしております。

さて、あなたはマーケット、市場がお好きですか?

ワタクシ、マチルダはマーケットが大好物ですw

旅行の予定を立てる時には、かならずローカルマーケットをチェックして、良さげなマーケット、市場には足を運びます。
ローカルファーマーズ(地元の農家)からの新鮮な野菜や果物、ここでしか味わえないベーカリー(パンやペイストリー、スイーツなど)、ひとつひとつ丹精込めて作られた手作り商品。。。

型にハマらず、自由なマーケットは幼い頃に友達のおもちゃ箱を覗いた時のようなワクワク&ドキドキ感がありますね!

マーケット好きとしては、いくつかのマーケットをまとめてひとつの記事に収めるなんてとってもムリ!マーケットの魅力を伝えきれませぬ。
と、いうことで、シリーズ化決定!
第1弾は、マリーナ沿いのちょいとセレブムードのグルメなミニマーケットのご紹介です。

基本情報

The Farmers’ Market / Marina Mirage Farmers Market
マリーナ ミラージュ  ファーマーズ マーケット

Google MapなどではThe Farmers’ marketと表記されています

白を基調にした建物の中庭。縦長の噴水と右手にカフェで寛ぐ人々。天井は吹き抜けで青空が覗く。

このマーケットはMarina Mirageマリーナ ミラージュという小型ショッピングセンター敷地内で開催されています。マリーナミラージュの中庭にあたる場所、青空も垣間見れる吹き抜けですが、シェードがかかっているので、お天気に左右されません
旅行で来られた際の観光もここは雨の日でもOKです。

マリーナミラージュ:
ヨットハーバー、ヴェルサーチホテル、シェラトンホテルに囲まれている立地もあって、ブティック系の洋服、美容室、ギャラリーなどが多め

開催日は、毎週土曜日の朝7時から12時まで。

アクセスは…
バス:sea worldシーワールド行きに乗りましょう。シーワールドの少し手前がマリーナミラージュです。バス停はMrinas Coveマリナーズ コーヴ。

車:サーファーズパラダイスからシーワールド方面へ約10分北上。
駐車場:マリーナミラージュの地下と屋上にパーキングがあり無料

Stall(お店)の数:10+

規模:ミニ

特徴:オーガニックのものは、野菜や果物だけでなく、ベーカリーやオーガニックフレッシュジュース、オーガニックハニー、グルテンフリースイーツなどstallのほとんどが健康志向でクリーンなイメージ。

マーケットギャラリー

ここからは実際にマチルダが覗いてきましたマーケットの様子を写真でご紹介いたします。

まずは、Farmers Marketの王道Fruites&Vegie Shopフルーツ&ヴェジショップ八百屋さんですね。このミニマーケットの面積3分の1くらいは占めていたでしょうか?一番大きな、そして一番の人だかり。

マーケットの様子。バラ売りのトマト、サツマイモ、人参などが陳列されている。

扱う野菜や果物には「Spray Free」と表示されていて、農薬などを使っていないオーガニックであることを謳っています。産地も表示され、ローカル(地場産)であることが分かりますね。他にもフレッシュハーブや生姜などたくさんの種類の野菜や果物が並んでいました。

マーケットで売られている人参とその表示(英語)の写真。表示に対して矢印、日本語で「スプレー無し」と「産地」

このちょっとハイソな雰囲気のマーケットでオーガニックと言ったらお値段もそれなりと思いきや、そうでもないんです!
オーストラリアでは野菜や果物は「バラ売り」が基本なので、こういったお店でマンゴー、バナナ、桃やりんごをお好きなだけを買ってホテルやビーチで食べるのもいいですね。

さて喉が乾いてきましたか?こちらはオーガニックフレッシュジュースのstall。気さくなおじさんのスペシャルブレンドですw

マーケット のフレッシュジュース屋。テーブルにジュースタンクが5台乗っている。それぞれの正面には中身の表示が英語で書かれた紙が貼られている。

オーストラリアではKombuchaコンブチャが新しい飲み物として市民権を得ており、こちらのおじさんブレンドのうち二種類がKombuchaベースです。

続いてこちらのstallはマーケットの定番、焼きたてのBakeryベーカリーです。
マーケットのベーカリー店頭の様子。個別ショーケースに入ったケーキやマフィンが並ぶ。手前の簡易小型冷蔵庫にはプラ容器に入ったパスタ。

手前の冷蔵庫の中にはダックソースのパスタ類も。

マーケットのベーカリー。奥に剥き出しのローフ、手前にはドーナツ、パイ、アーモンドクロワッサンなどが並ぶ。

スイーツ系の商品と向こう側にはハイジのパンを思わせる素朴で様々な味のパンのほか、タルトやクロワッサンなどのペイストリーも。どれをとってもハズレはナシ間違いないでしょう!

マーケットのベーカリー。デニッシュ、ドーナツ、パイクロワッサンなどが並ぶ。

もちろんバラ売りなので、ここでお好きなものをピックアップしたら朝食完了ですね。

そして、こちらはラッピングもステキな、甘系と塩系の両方を取り扱うおしゃれお菓子、お茶請けのお店。誰かと被らないギフトに最適ですね。
味も確かなので喜ばれること間違いなし!オススメです

袋詰めされたいくつかのラスクなど。試食用が手前の白いカップに入っている。

袋詰めされたいくつかのメレンゲ。いくつかの瓶詰めの黄色いソースと茶色いソース。

白いのはメレンゲ。甘すぎない上品なお味です。
ひとつ$4.5。3つで$12。
リボン付きのcuteな小瓶には、レモンソース、ソルトカラメル(塩キャラメル)で、こちらのお味も保証つき。
愛情込めて作られたと分かりますね。

そしてこちらはオーガニックハニーのお店。ハチミツなのに、様々なフレーバー付きでどれも美味しそう。種類がたくさんあって目移りしてしまいます。

マーケットのはちみつ屋さん。テーブルの上にたくさんの瓶入りハチミツが並べられている。

最後は、ゴールドコーストの山間部にあるワイナリーのstall。ワインとチーズのテイスティングで好みのお味を探してみましょう。

マーケットのワインとチーズを取り扱うテーブル。ワインボトルと試食用チーズなどが並ぶ。

マリーナミラージュ ファーマーズマーケットまとめ

・全天候型である
・こじんまりしているので短い滞在でもOK
・stallのクオリティが高い
・周辺に観光スポットが多い
・無料駐車場完備
・バスでのアクセスも簡単
・ショッピングセンターのカフェやトイレなど、施設が万全

このマリーナミラージュマーケットには、オーストラリアのローカルマーケットの定番フードのソーセージバン(ホットドック)もなければ、Made in Chinaのオーストラリア土産も古着や骨董を扱うお店もありません。

あえて、、、“他のローカルマーケットにあって、このマーケットにないあったらいいなという点”は、ライブミュージックでしょうか。。。
ただ、限りなくある、潮風と停泊されたヨットハーバーがライブミュージックにはないものを奏でています(くさいようですが、行ったらきっとこの意味が分かりますw)

ゴールドコーストのローカルマーケット、Marina Mirage Farmers’ Marketは、リラックスしたハーバーの眺めを味わいつつ、ちょっぴりセレブな雰囲気も味わえるおすすめマーケットです。
ぜひ、訪れてみてくださいね。

かつてのオーストラリアのローカルマーケットというと、現金払いが主流でしたが、近年は多くの店舗でカード支払いが可能です
ただし、日本人旅行者に所有率が多いAmerican Expressアメックスは取り扱わないお店が多いのでご注意ください(その他、DinersダイナースやJCBも同様)

情報は記事執筆時のものです。情報の更新などはご自身で事前にチェックされてくださいね。以下は関連リンクです。

Marina Mirage Farmers’ Market のフェイスブックページ

Marina Mirageのwebsiteの交通アクセスページ

コメントはこちら👇Let's Output NOW!!