【ゴールドコースト マーケット】Vol.2 夕方からスタートするマーケット

夕方5時からのマーケット?!サーファーズパラダイスビーチフロントマーケットAUSTRALIA

サーファーズパラダイスビーチフロントマーケットへ行こう!

今日も、すがすがしい青空がどこまでも広がっておりますゴールドコーストです。
さてマチルダブログ、ローカルマーケット情報の第2弾は、ビーチの目の前!夕方からスタートする面白グッズもたくさん並ぶマーケットです。オーストラリア旅行のお土産になりそうなものもたくさんありますヨ。

ローカルマーケットは早起きさん向けだから、、、と諦めているあなた!アクセスも超簡単なこのトワイライトマーケットへ行くべし。

twilight トワイライト:夕方、たそがれ時

オーストラリアの強い日差しもこの時間なら問題なし!です。

また、旅行の日程によっては週末のマーケットに行くチャンスがない方も、このマーケットは日曜日の他、水曜日と金曜日の夕方も開催してます!

午後遅い時間のサーファーズパラダイスビーチ。日が陰っているビーチと海にたくさんの人々。カモメが一羽空を飛んでいる。

↑とある真夏の夕方5時半ごろのサーファーズパラダイスビーチの様子です。陽はすっかり傾いているものの、まだ昼間の明るさです。ビーチにも海にもたくさんの人。

基本情報

Surfers Paradise Beachfront Markets
サーファーズパラダイスビーチフロント マーケット

Surfers Paradise Beach サーファーズパラダイスビーチ
ゴールドコーストの中心部にあり、最も観光客が訪れる一番有名なビーチ

開催日時:毎週水曜日、金曜日、日曜日の5時から

アクセス:トラム駅 Cavill Ave 下車が近くてオススメです。Cavill Aveを海へ向かってまっすぐ。海近くは歩行者天国になっています。
Surfers paradise駅下車でも行けないわけではないです。Clifford Streetを海へ向かってまっすぐ歩き、ビーチまで来ると左手の先にマーケットが並んでいるのが見えます。

友達と待ち合わせするなら、サーファーズパラダイスビーチのマック前が定番です。
友達と落ち合う→サーファーズパラダイスの記念撮影ポイントのひとつ、『Surfers Paradise Beachのアーチ』の写真を撮る。
*アーチ前で落ち合うと、アーチが近すぎて写真には収まりきらない

駐車場:Chevron Renaissance Shopping Centre / 3240 Surfers Paradise Blvd(アクセスは、Elkhorn AveとFerry Aveの2カ所):2時間まで無料

Circle on Cavill Shopping Centre / 9 Ferny Avenue:ショッピングセンターのWoolworthsにて$10以上のお買い物で2時間無料

Bruce Bishop Car Park / 10-14 Beach Road(アクセスは、Beach RoadとSurfers Paradise Blvdの2ヶ所):1時間 $2.80

そのほかメーター路上駐車スポットも周辺にはたくさんありますが、大抵満車です。脇道に夜7時以降無制限のメーター無し路上駐車スポットがひょっこりあったりもしますが、周辺の宿泊施設や住人も狙っている激戦スポットなので、今回ここでの紹介はやめておきます。

Stall(お店の数):100店以上

規模:大

特徴:面白グッズやオーストラリアっぽいもの、ビーチカルチャーを思わせる商品が目立つ。夕方からのマーケットなので、昼間にビーチで時間を過ごしてからでもマーケット散策がゆっくりできる。1995年から開催している。

マーケットギャラリー

ここからは実際にマチルダが覗いてきましたマーケットの様子を写真でご紹介いたします。

サーファーズパラダイスビーチに沿ってマーケットが立ちます。

マーケットのテントが両端に奥まで続いて立っている。間にはマーケット散策する人々。

上の写真は、マーケットの一番端からのショット。奥まで左右にお店が並びます。

下は、マーケットのちょうど真ん中あたりからのショット。一番奥のお店まで目視できないほど多くのお店が並んでいます。

マーケットのテントが両端に奥まで続いて立っている。間にはマーケット散策する人々。

マーケット中央近くに位置するこちら、何だと思いますか?

金格子のフェンスの檻。覗き込む子供。檻の中には色とりどりの大型の鳥が何羽かが止まり木にとまっている。

鳥好きのあなたにおすすめ、ナント、大型のオウムと一緒に写真を撮るサービス!
檻の中に入ってオウムを肩などに乗せて、写真を撮ってもらうことができます。オウムの数が多いほど、お値段もアップですw
最高6羽のオウムさん達に囲まれての写真が可能(人間は何人でも良い模様デス)

こちらのお店では、オリジナルミサンガを3分で作り上げるサービス。スキルですねぇ

カラフルに編まれたミサンガが黒いボードにびっしり陳列。その後ろでミサンガを編んでいる男性。

名前や単語を紙に書いて、その通りに編んでもらえます。ミサンガの他に、キーリングもあります。

サイキックリーディングもありますよ。未来を見てもらいましょうか?

マーケットのテント。中に椅子が2つ。表には英語で書かれた看板。INTERNATIONAL PSYCHIC TAROT READINGなどと書かれている。

タロットリーディング:$30/10分  $35/15分

こちらは、ただの似顔絵屋さんではありません、風刺画屋さんです!
ただ、もしあなたが超ナルシストだったらオススメはしませんw「自分こんな顔じゃなーい!」ってなります。

マーケットのテント内の様子。壁面に風刺画とそのモデルの写真が並ぶ。手前に、椅子、イーゼルの向かいに小さめの長椅子。

ペット関連のグッズを取り扱うお店。オーストラリアでもペットを飼う人はとても多いです。

マーケットの店内の様子。様々な色、サイズ、スタイルのペットの首輪が売られている。

女性に人気、Boho ボーホースタイルのお店。

マーケットの店内の様子。ボーホースタイルの洋服がたくさん売られている。店員もボーホースタイル。

こんなスタイルでゴールドコーストのビーチや街をぶらっとしたいですね〜

手作り子供服のお店。オージーセンスの子供服、カラフルです。

マーケットの店内の様子。カラフルな子供服が売られている。

そして最後は、このマーケットでマチルダ一押しのスイーツ屋さんClaudine’s Treat です。このサーファーズパラダイスビーチフロントマーケットには基本2店、マーケットの両端に出ていますよ。

マーケットの店内の様子。赤いテーブルクロスの上に並べられた簡易プラスティックケースに入った洋菓子。
重すぎない手作りスイーツはビーチで思いっきり遊んだ後に、小腹を満たすのに最適!

簡易プラスティックケースに入ったクッキーやチョコレート菓子が並ぶ。

簡易プラスティックケースに入ったクッキーやチョコレート菓子が並ぶ。

ビスケットなどは買って食べながらマーケット散策。ブラウニーなどはホテルやお家用に持って買って食べるのがベスト。

簡易プラスティックケースに入ったクッキーやチョコレート菓子が並ぶ。
サモアのルーツを持つニュージーランド人ファミリーが作り出すこの味は、ローカルにもとても人気です。
マチルダのおすすめスイーツ、ぜひ試してみてください!

トイレと水飲み場の設備もあります。ご安心を。

サーファーズパラダイスビーチの公衆トイレの外観。濃い茶色のはめ板が施された外壁。ステンレス製の水飲み場。向こう側に砂浜が見える。

サーファーズパラダイス ビーチフロントマーケットまとめ

・夕方5時からスタート
・開催は週3日、水曜/金曜/日曜なので行くチャンスが多い
・昼間のビーチで思いっきり遊んでからの、すぐマーケット、が可能
・サーファーズパラダイスでディナーの前にマーケットも可能
・サーファーズパラダイス泊でなくとも、道に迷いようがない
・オーストラリア土産も探せる

特に、ゴールドコーストに旅行を計画しているならゴールドコーストの中でも一番の観光スポット&繁華街であるサーファーズパラダイスで行われるこのビーチフロントマーケットに行くしかない!

かつてのオーストラリアのローカルマーケットというと、現金払いが主流でしたが、近年は多くの店舗でカード支払いが可能です
ただし、日本人旅行者に所有率が多いAmerican Expressアメックスは取り扱わないお店が多いのでご注意ください(その他、DinersダイナースやJCBも同様)

情報は記事執筆時のものです。情報の更新などはご自身で事前にチェックされてくださいね。天候によってはマーケットがキャンセルされることもあります。以下は関連リンクです。

Surfers Paradise Beachfront Market のフェイスブックページ

コメントはこちら👇Let's Output NOW!!