オーストラリアのブライダルフェアに行ってみた

花がたくさん飾られたウェディングテーブル写真のバックグランド。Are You Getting Married? ブライダルフェア 行ってみた 日本とどう違う?の文字。オーストラリア国旗のイラストAUSTRALIA

Are you getting married? ご結婚される予定ですか?

YES! の人も、そうでない人も一般的には結婚式は人生で大きなイベントのひとつですね。

人それぞれ、その規模やスタイルは様々です。

誰かとまったく同じ結婚式なんて存在しない唯一無二の大切な日。

最高の結婚式にするには、それまでの準備が超大事!

そしてその結婚式に関するあらゆるエキスパート業者が集まるのがウェディングエキスポです。あれもこれも一気にチェックできるのがエキスポの良いところ。

さて、この記事を書いている時点で、結婚式の予定はまったくないマチルダですがオーストラリアのゴールドコーストで開催されたウェディングエキスポへ潜入してきましたので、その様子とオーストラリアの結婚式に参列した経験を元に情報をシェアしたいと思います。

大きく違うオーストラリアと日本のブライダルフェア

日本で、「ブライダルフェア」「ウェディングフェア」というと、大抵はひとつの結婚式場がサービスの宣伝をするために、来場者に擬似結婚式などを通して、体験してもらう形が多いと思います。
お料理の試食や、ドレスを試着しての擬似結婚式などが含まれることが多いので、事前予約が必要だったりします。

一方オーストラリアでは、そういったタイプのブライダルフェアはない代わりに、結婚式に関係するそれぞれのサービス、業者が一同に集まる見本市エキスポです。
例えばフォトグラファーを決めるのに、このエキスポにくれば複数のフォトグラファーが出展しているので、こっそり、いや堂々と比較調査も可能です!

わたくしマチルダのように、挙式の予定がなくとも誰でもウェルカムです。入場無料の場合がほとんどです。

ですので、例えばご旅行でオーストラリアにこられた際に、もしこのイベントが近くでやっているとしたら、”海外ウェディング”の雰囲気をちょこっと味わうチャンスですよ。

白いテーブルの上に並ぶウェディングブーケ

エキスポ、どんな業者が出展してるの?

日本のような『式場パック』の場合、この部分は好みだけれど、ある部分は自分たちのスタイルとかけ離れる。。。っていう可能性があリますが、オーストラリは結婚式もカップルによって個性豊か。こういったエキスポスタイルが挙式を予定しているオージーカップルたちにとっては最適なのです。
一般的にどういったサービス、ビジネスが出展しているかというと、、、

・挙式そのものに関わる準備(マリッジセレブラントなど)

・挙式(セレモニー)の場所、披露宴会場(レセプションパーティ)

・車の手配

・招待状

・結婚指輪

・ヘアメイクアップ

・衣装、アクセサリー

・ブライドメイド関係

・ブーケなどのお花関係

・お料理と飲み物

・テーブルセッティング

・参列者へのギフト

・ウェディングケーキ

作り物ではなく食べられるケーキです。
デコレーションは個性を大主張するポイント。日本人の発想を超えた芸術作品!中にはかなり奇抜なケーキも。そしてその見かけは反してに美味しいんです!

・音楽や司会、照明など

・フォトグラファー、ビデオグラファー

ブルー系やオフホワイト系のメンズ用ジャケットが飾られている
例えば、こちらはメンズスーツのお仕立て屋さんのブース。エキスパートならではの知識や提案をたっぷり聞くことができますよ。
*日本の式場パックシステムでは限界がある部分ですね

また今回マチルダが潜入したウェディングエキスポでは、上記のビジネスの他に、

・歯の見た目を整える審美歯科
結婚式の日にだけ白くてキレイな歯でOKという人向けに、はめ込み式の歯のカバーを紹介していました。
大事な場面で外れないといいですねw

・新婦のためのエステとプチ整形

・花火サービス

・高級リムジンサービス

・ローン会社

・エンターテイメント(ライブミュージック)

・ダンス教室
海外ウェディングではダンス、必ずあります
本番に向けてのダンスレッスンw

といったビジネスも出展していました。スケールが大きいですねw

このブース(出展者)は場違いじゃない〜?wと思ったのは、ペイントボール。。。なぜ?w 当然、誰にも見向きされていませんでした(涙

エキスポ来場者。日本とオーストラリアの違い

これも日本とオーストラリアでは大きく違います。

日本でブライダルフェアに訪れる人というのは、”ほぼほぼ式を挙げる予定のカップル”が9割以上を占めると思います。

しかし今回のエキスポでマチルダが見たのは、もちろんそれらしきカップルも多く見られましたが、

母娘ペア

娘+両親

女子グループ←日本ではこれは暗黙のルールでNGだそう

カップル+ベイビィやキッズ

女友達と

女性ひとり

親(らしき年代の人)のみ

というバラバラな面々でした。*そして皆、はしゃいでいるw

また実際に今回のイベントではそれらしいカップルは見かけませんでしたが、近年オーストラリアでは、同性婚が法で認められたこともあり同性カップルのウェディングも増えています。
英語では
同性婚 — same sax marriage
同性結婚式 — same sax wedding

エキスポなので、気になるサービス・ビジネスがあれば話を聞いて資料などをもらうもよし。あまり自分のスタイルではないというブースはスルー、でOK。決めなきゃ、契約しなきゃ、っていうプレッシャーはゼロです。選択権はすべて、式を挙げるカップルにあります。

白いテーブルクロスのかかったテーブルにキャンドルなどウェディング用テーブルセッティング

結婚のセレモニーってどんなところで行うの?

オーストラリアには、某国にあるようなホテル内に造られた教会はほぼ存在しませんw(もちろん披露宴会場に使える、ファンクションルーム多目的会場はあります)

多国籍文化のオーストラリアではその宗教や信仰によっても挙式セレモニーが執り行われる場所は異なりますが、大きく分けて

・Church Wedding ; 大きい教会で
・Garden Wedding ; 公園や庭など緑の自然の中で
・Beach Wedding ; ビーチで
・Winery Wedding ; ワイナリーで
・Chapel Wedding ; 小さめの教会で
など。。。

それぞれ役所や管轄の許可が必要だったり、使用料も大きく変わってきます。

オーストラリアらしくてオージーに人気のウェディングスポットといえばビーチウェディング。ビーチでウェディングセレモニーを見かけることは決して珍しいことではないです。

田舎のビーチで偶然見かけたセレモニーでは、ブライドがなんとリアルな白馬にお姫様乗り、お父様と思われる方が手綱を引き参列者と新郎が待つエリアに参上〜というおとぎ話まんまのシーンでした。
ヴァージーンロードがビーチ!
その距離、3〜400メートル。
海外ウェディング、すごっ!って思いましたね。

締めはもちろん、ファッションショー!

2枚の写真。白いウェディングドレスがいくつも飾られている

さて、結婚式において、最重要と言っても過言ではないキーワードがウェディングドレスですね。

オーストラリアではレンタルドレス(貸衣装)もありますが、自分のスタイルにあったドレスを購入するのが一般的です。ドレスのディザイナーやドレスメイカーも誇りを持って新作を創り出しています(と、今回のエキスポで感じました)。

そんなディザイナーやスタイリスト、ヘアメイクアーティストたちによるショーはやはり来場者の期待大という感じで会場の席を埋めていました。

日本人が着るウェディングドレスに比べて、海外のウェディングドレスはとっても個性があって素敵です。斬新なスタイルもあって、ふつーの日本人が着るウェディングドレスの枠の比ではないですw
着こなせるかどうかより、自分の好きなスタイルであればそれを着ればいい!が、オージー流です。

このショーを観て興味深かったのは、花嫁のウエディングドレス&花婿のスーツとブライドメイドのドレスのみならず、なんと”母親のためのスタイル”が披露されていたことですね。

日本のブライダルフェアで、母親の着物のことまで視野に入れているとこってあるんでしょうかね?せいぜい、「貸衣装部の中からどうぞ」的なものではないでしょうか。。。

メンズのスーツは、一辺倒なブラックフォーマルはナシで、紺色や、暖かい気候にぴったりなカジュアル素材のアイボリーのスーツ、そしてピンクのジャケットも登場!(もちろん、実際には定番のブラックフォーマルを選ぶ新郎も多いです)

2020年のトレンドカラーはclassic navy紺色だそうで、ブライドメイドの濃紺のドレスは露出が多いものでも、どれもとても品があり美しいラインでした。

余談ですが、司会の女性がとても良かったですね。オージーらしく軽く笑いを入れたりして終始リラックスしたオーストラリアならではのスタイルショーでした。
そして、ショーで母親役の人も含めてモデルさんたち、みなさん素敵でした〜♥

晴れて青空とエメラルドグリーンの海。ビーチウエディングセレモニーのセッティングがされている

ウェディングエキスポ潜入まとめ

正直、今回のエキスポの規模は小さめでした。

ウェディングエキスポって楽しいイベントですね!

会場では、自身の宣伝も兼ねたプライベートシンガーがギター演奏していて雰囲気もよく、フリードリンクサービスや、スイーツ専門店のブースではテイスティング(サンプリング)も。
日本のブライダルフェアのように、予定を詰める感じはなく自由でユニークな空間、ハッピーオーラ満載のオススメイベントです!

入場は無料です!(ただし、オンラインで入場チケット予約が必要)今回のイベント主催者が2020年に予定しているオーストラリア各地域でのWedding Expoの予定は以下の通りです。
(記事を書いている時点でのスケジュールです。事前にご自身でご確認ください)

・Gold Coast ゴールドコースト
2020年8月2日(日)@Gold Coast Convention & Exhibition Centre
・Brisbane ブリスベン
2020年7月5日(日)@Royal International Convention Centre
・Toowoomba トゥウォーンバ
2020年2月16日(日)@Clive Berghofer Centre
・Canberra キャンベラ
2020年2月2日(日)@Budawang Pavilion
2020年5月24日(日)@AIS Arena
2020年9月20日(日)@Budawang Pavilion

結婚式の予定がある方もない方も、オーストラリアではどんな結婚式の準備をしているのか興味ある方はそれを垣間見ることができる貴重な機会、ぜひ覗いてみてください。

会場入り口で、係員が
『Are you getting married?』ご結婚のご予定ですか?
と聞いてきますので、ハリキッって
『Yes, I am!』はい、そうですっ!
と答えましょう。もれなく、ウェディング雑誌入りのお土産バックがいただけます。
*別に欲しく無くても、イエスって言っておきましょうw

コメントはこちら👇Let's Output NOW!!